forgot.uh-oh.jp !

feedsnake_skip プラグイン

FeedSnakeで SKIP や、某社 社内ポータルの記事を読み込むプラグインです。

§ダウンロード

feedsnake_skip-20080816_13.tar.bz2

展開後、feedsnake.py と同じディレクトリ(ワークディレクトリ)に置きます。 本体側も 20080816_13 以降のものである必要があります。

§関係する設定項目

[必須] class=skip@feedsnake_skip

feedsnake_skip は Python のモジュール名、 skip はその中のクラス名です。

つまり、SKIP 専用のクラスを専用に設けてるわけです。

[必須] login=(ログインURL)

loginpost=http://www.openskip.org/demo/login?login[key]=111111&login[password]=password

SKIP の場合、基本 POST でログインしますが、 派生バージョン(某社Portal)では GET の場合もあります。

パラメータとしてユーザ名を示す「login[key]」と、 パスワードの「login[password]」の二点がありますので、 自分のものに置き換えてください。

[必須] index=(索引が出るページ)

「feed=」のかわりに、こちらで索引の出るページを指定します。

例:

index=http://www.openskip.org/demo/?list_type=recent_blogs

[任意] cache=キャッシュファイル名

import を使うので、cache も指定して、サーバ負荷を下げておきましょう。

[任意] feed_title=フィードタイトル

フィードのタイトルを設定します。 デフォルトでは、ページの <title>タグを参照するのですが、 あいにく、どの索引ページも同じタイトルになるので、 SKIP系で複数フィードを出力する場合、 これで別のタイトルを設定するとよいでしょう。

[任意] import=(正規表現)

特に設定する必要はありません。

プラグイン側で、自動で「import=<div id="default_style_area"[^>]*>(.*?)</div>\s*<div id="source_style_area"」という内容を設定します。

§変更履歴

  • (2008.08.16)
    • import文を自動で設定するようにした。
    • コメントも取り込めるようにした。